ダイヤモンドの選び方(4Cとは) | 婚約指輪の新しい選び方 ブリリアンス+


ダイヤモンドの選び方(4Cとは)

ダイヤモンドの選び方(4Cとは)

世界中でダイヤモンドの品質を評価する基準として、G.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた”4C”と呼ばれるCut(カット=輝き)、Carat(カラット=重さ)、Color(カラー=色)、Clarity(クラリティ=透明度)、の4つの要素のコンビネーションで評価することが広く知られています。

見た目で一番わかりやすくご自分でもダイヤモンド魅力を楽しむことができるのはカット(輝き)とカラット(大きさ)です。 まずはカット優先して見た目にも大きなダイヤモンドを選ばれることをお薦めします。 見た目にも、より輝く少しでも大きなダイヤモンドを優先して、お二人の最高のダイヤモンドエンゲージリングをお選びください。

婚約指輪に選びたいダイヤモンドの目安として下表の品質基準で色がついているエリアのクオリティをお薦めします。

目的に合わせて指輪を検索

ダイヤモンドから選ぶ リングデザインから選ぶ ご予算別検索 ピンクダイヤモンドコレクション